ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンについて

平成25年4月1日から、ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種になりました。

 

 

 

●対象者

  ■ヒブワクチン:生後2か月~5歳未満

  ■小児用肺炎球菌ワクチン:生後2か月~5歳未満

●接種費用

  公費負担

  (市がヒブ11,119円、小児用肺炎球菌12,474円を負担)

ヒブワクチン 小児用肺炎球菌ワクチン

接種開始年齢

接種回数・方法

接種開始年齢

接種回数・方法
2か月~7か月未満

初回:3回

(4~8週間の間隔で接種)

追加:1回(初回終了後、7~13か月の間)

2か月~7か月未満

初回:3回(27日以上あける(生後12月までに終了させる)

追加:1回(3回目の接種から60日間以上あける(標準1歳~1歳3か月の間)

7か月~1歳未満

初回:2回(4~8週間の間隔で接種)

追加:1回(初回終了後、7~13か月の間)

7か月~1歳未満

初回:2回(27日以上あける(生後12月までに終了させる)

追加:1回(2回目の接種から60日以上あける(標準1歳後)

1歳~5歳未満

1回

1歳~2歳未満

2回(60日間以上あける)

 

 

2歳~5歳未満

1回

注意:予防接種の間隔は必ず守ってください。(任意接種(自己負担)となる場合があります。)なお、発熱等のやむを得ない事情で接種が遅れた場合はご相談ください。